スタートアップ専門開発

スタートアップに特化した専門開発

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用

オフショア開発をより安く提供するために、低コストの機能やデザインを提案させていただきます。
サービスの成長に合わせてユーザーの動向や推移に応じてカスタマイズされた機能に変更していきます。

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用

弊社ブリッジエンジニアと通訳が開発のサポートを行います。
開発チーム立ち上げやオフショア開発の経験がなくても心配ありません。
また、外国語は必要ありません。

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用

新規サービスは予想通りにいかないことも多く、満足度の高いサービスを提供するためには、柔軟な開発が必要です。
試作品開発や柔軟な開発に対応しています。

プランのイメージ

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用
  • 追加する機能は状況に合わせて判断
  • 無駄な開発費用を使わない
  • 機能に応じた柔軟なチーム編成が可能

まずは試作品開発からスタートします。その後、取得したサービスのデータを確認しながら、必要な機能を開発していきます。

追加する機能に応じてスケジュールやエンジニアの構成を変更して、無駄な開発費を抑えます。

初めてでも安心の日本人ブリッジSEサポート

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ
  • 開発に関することは全てお任せ
  • 外国語は必要ありません
  • スケジュールや詳細の報告
  • その他技術的な相談やご提案など可能

オフショア開発は、費用は抑えられるけれどコミュニケーションや品質が…、このような心配はいりません。

弊社ブリッジエンジニア・PMがご依頼企業様と打ち合わせを行い、現地エンジニアと連携して開発を行います。

仕様書の作成・翻訳やスケジュール管理、コミュニケーションをサポートし、品質やスピードを維持しながら、費用を抑えた開発が可能です。

低コスト開発とは

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用
  • ベトナムでのオフショア開発
  • 質の高いライブラリを標準機能を活用する
  • サービスの成長とともに徐々にカスタマイズ

ベトナムでのオフショア開発をより安く提供するため、さらに低コスト開発を提案いたします。
低コスト開発とは、質の悪い安価なサービスを作る方法ではありません。
現在ウェブやスマホアプリケーションを作成するには、Ruby on RailsやBootstrapなど様々な質の高いフレームワークやライブラリがあります。
フレームワークやライブラリには標準の使い方があり、それに合わせることで費用を抑える事が出来ます。
始めは標準機能を優先させて費用を抑え、サービスの成長とともに徐々にカスタマイズする事で、無駄のない開発が可能です。

試作品開発からグロースハックへ

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用
  • サービスの中心となる機能を開発してリリースする
  • KPIを作成するためのユーザーや売り上げのデータの取得
  • データをもとにグロースハックを行う

新規サービスでは不確定要素が多く、それに合わせた開発が必要です。
まずはリーンスタートアップの手法であるMVP(Minimum Viable Product)を作成し、ユーザーのデータを取得することをオススメしています。
ユーザーのデータを取得することで、今後の売り上げ予測やKPI、予算の設定に役立てる事が出来ます。
その後、ユーザーデータを確認しながら、ユーザーや売り上げに影響が強い部分から開発するグロースハックを行なっていきます。
小さく始めて、データをもとに着実にサービスを成長させる事が出来ます。

低リスクで柔軟な短期間契約とは

スタートアップ専門オフショア開発スマホアプリ費用
  • 1〜3ヶ月の短期間スケジュール
  • 必要のない機能の開発費を無駄にしない

新規サービスでは、初めに必要な機能を予測することは簡単ではなく、途中で何度も仕様変更を行います。
この仕様変更は、質の高いサービスを作る上で必要不可欠な変更です。
そこで仕様変更に対応した短期間契約をオススメさせていただいています。
あらかじめ機能ごとに柔軟なスケジュールや仕様書を作成し、状況に応じて優先順位や開発の有無を決定します。
決定した開発のみを行なっていくことで、必要のない開発費を避ける事が出来ます。